1. 転職のノウハウ
  2. 職務経歴書の書き方

職務経歴書の書き方

採用へ導く職務経歴書を作成するために

経験の棚卸しをしましょう

まずはご自身がこれまで経験してこられたあらゆる仕事、その実績・成果、勉強してきた資格、身についた知識・技術、などを書き出してみましょう。最初からきれいにまとめる必要はないので、まずは職務経歴書に書くか書かないかも考えずに、とにかく思いつくままに書き出していくことがポイントです。

経験の整理をしましょう

書き出した項目を整理しましょう。職務内容ごとにまとめるのはもちろん、自分のPRポイントをあらためて確認し、情報として足りない部分があれば加えていきます。ご自身の経歴を整理する中で、やりがい・達成感を覚えた仕事を確認したり、強み・弱みを見つけたりすることは、職務経歴書の作成だけでなく、面談でのプレゼンテーションなどの際にも役に立ちます。

視覚的にも内容的にも”読む側”=”人の視点”に立って表現しましょう

職務経歴書の基本

職務経歴書の書式

Word か Excel 形式が基本です。

PowerPoint等プレゼンテーションツールの使用は、特別な資料を用意する必要がある時以外は避けましょう。作成したものをPDF化することは問題ありません。

職務経歴書のボリューム

A4用紙で1~2枚。

多くても3枚以内でまとめるようにしましょう。職務経歴書においては「まとめる」「見せる」能力も問われます。

職務経歴書の文字

フォントは「MS明朝」「MSゴシック」、サイズは10~11ptを使用しましょう。タイトル、見出しなどはサイズを大きくしたり太字に変えたりと、メリハリをつける工夫をするのも良いでしょう。

職務経歴書サンプル

職種毎に異なるアピールポイントを意識して書いた職務経歴書と、 意識せずに書いた職務経歴書では、たとえ同じ経歴であったとしても評価に大きな差が出ます。 各職種特有のポイントを押さえ、魅力的な職務経歴書を作成しましょう。

職務経歴書のサンプル (PDF)

職種・業種別サンプル