1. 転職のノウハウ
  2. 転職のススメ

定年後に必要なお金とは?

定年後はどのくらいお金が必要? ~定年後に暮らしていく為の再就職~

定年後はどのくらいお金が必要? ~定年後に暮らしていく為の再就職老後(定年後)の生活費についてきちんと考えたことはありますか。
退職金や年金などで悠々自適な暮らしを・・・もしかしたらその考えは古いのかもしれません。

では老後(定年後)生活していく為に必要なお金はどれくらいなのでしょうか。

定年後に必要なお金は・・・

≪事前情報≫
60歳まで生きた方の平均的な余命は男性が約24年、女性が約29年です。(平成28年度厚労省資料より)
夫婦で必要な老後の生活費は約27万円/月といわれています。

≪モデルケース≫
旦那様:会社員60歳(勤続約40年)
奥様 :専業主婦
年金:24万円/月

定年後に必要なお金の算出方法ですが下記となります。(尚、平均余命を全うした前提とします)

単純な必要額を算出します。
単純な必要額は【生活費27万円×奥様の平均寿命29年=9,396万円(約9,400万円)】となります。
旦那様が先に亡くなった場合でも葬儀など諸費用なども考えて、生活費は変えず計算しています。

年金額を算出します。

旦那様が亡くなった後、(旦那様の厚生年金の3/4)奥様は遺族厚生年金受給でき、平均余命を考慮して計算すると受給できる年金額の合計は約6,300万円になります。

単純な必要額から年金額を差し引いた額を算出します。
9,400万円-6,300万円=約3,100万円

60歳(定年)以降必要な約3,100万円をどのように補填するか

①退職金などがある会社は受け取り、貯金として保管する
⇒税金などが引かれて大卒で大企業での退職金が約2,000万円の為、差し引き分1,000万円以上は60歳までに貯金しておく必要があります。

②働き続けた会社で60歳から再雇用制度を利用し、65歳まで働き続ける
⇒60歳〜64歳までの平均年収は378万円となり、男性で479万円、女性で228万円となります。(平成28年国税庁調査より)60歳からこの間にも働き続け、貯蓄することが必要と考えられます。

③再就職先を見つける ~転職という選択肢~
⇒企業の雇用形態は様々で柔軟です。正社員はもちろん、1~5年間という有期雇用の契約社員、嘱託社員として採用する場合もあります。また、70歳定年の会社、定年の無い会社と社内制度も様々です。50歳以上、あるいは60歳以上になると年齢が理由で転職が厳しくなると思われがちですが、多くの企業でその豊富な経験・スキルを求められています。年収が上がるケースもあり、現職での再雇用より良い待遇で転職するケースも多くあります。
また、転職活動をすることで自身の今までのキャリアを見つめ直し、これからの人生設計を考える機会にお勧めします。

まとめ

人生100年時代を迎え、定年後のお金は予想以上(約3,100万円)に必要であると驚かれた方もいらっしゃると思います。これから医療は発展し続け、寿命が延びるかもしれません。将来を安心させるためにも貯蓄をし、働ける環境に身を置くことかもしれません。

これから定年60歳、65歳を迎えてどのような人生を送りたいかを考えている方々は必然的にお金と自身のキャリアに向き合う必要があります。特に上記①、②で人生設計に不安のある方は③の転職という選択肢をとる必要があると考えます。更に老後を豊かな暮らしにしたい方はキャリアップという目的で転職を考えてみるのも選択肢の一つです。

50代の方々、60歳以上で定年を迎える方々は今一度自身の人生設計という観点から転職をという選択肢を増やしてみてはいかがでしょうか。

MS-Japanへのご登録はお済みですか? MS-Japanは、あなたらしい転職をサポートいたします。

会員登録無料  
※既にMS-Japanのマイページへご登録頂いている皆さまは、新規会員登録は必要ございません。