1. 転職のノウハウ
  2. 転職のススメ

定年制度の歴史

定年制度について ~過去から現在~

定年制度について ~過去から現在~「人生100年」という言葉が頻繁に使われている現在、若い世代の方はまだイメージし難いかもしれませんが、40代50代の方であれば定年を軸にした次の人生プランを考えるかと思います。

現在は日本のみならず全世界で「男女共に長く働くこと」への意識が高まっています。各国で定年への考え方や制度の背景は異なりますが、定年制度を岐路に一度は終わろうとしていたビジネス人生も次の時代は継続化することが着実に進められています。
これまでの歴史とは違う変化に対して不安になる方もきっと多いはずです。第二のキャリア(人生)を考えるためにも、まずは現状を知ることは大切です。そして現状を理解するためには今までの歴史を知ることが一番の近道かと思います。

今回は日本の定年制度の過去から現在への移行を簡単にまとめていきたいと思います。そして皆様の定年後の人生プラン検討に少しでもお役に立てればと願っています。

定年制度の変化

【昭和初期】55歳定年がスタート
終身雇用、年功序列がうたわれていた期間が日本は圧倒的に長かったですね。
しかし平均寿命の上昇(「1950年」男性約58歳・女性約61歳→「1970年」男性69歳・女性74歳にアップ)、団塊世代の大量引退が未来に見え始めたと同時に出生数の減少、といった社会問題が顕在化してきます。
⇓「総労働力人口減少」を解消するために
【1980年代】55歳から60歳定年に引き上げ(努力義務化)
⇓さらに少子高齢化は進むため次の施策として
【1990年】:定年後再雇用を義務化
【1998年】60歳定年
【2000年】65歳までの雇用確保措置(努力義務化)
【2006年】65歳までの雇用確保措置(義務化)
※この段階で「継続雇用制度の導入」か「定年を65歳に設定する」か「定年制の廃止」のいずれかを雇用者側は選択しなければいけなくなり、結果としてこの時から65歳定年は存在していました。
※上記定年の年齢変更にともない、年金受給が可能な年齢も引き上げられています(本項では年金については割愛します)。
【2013年】65歳までの継続雇用を企業に義務化(対象:全希望者)

このように努力化→義務化が短期間で繰り返し起きたのが平成です。それだけ日本では少子高齢化にともなう労働人口減少問題は深刻だということです。つまり、人口が不足していることは明らかであり、働きたい方に向けた制度改革は今後も起きると考えた方が上記歴史から伺えるかと思います。

現在の定年制度~高年齢者雇用安定法第9条~

高齢者雇用安定法の中身は・・・
高齢者が年金受給開始年齢に達するまでの間、意欲と能力に応じて継続勤務がしやすい環境づくりを促進する内容になっています。継続勤務をするための具体的な制度としては次の2つが存在しています。
(※上述した「継続雇用制度の導入」か「定年を65歳に設定する」か「定年制の廃止」の選択義務の内容が基本に基づいています)

【1】 再雇用制度
定年を迎えた社員を一度退職させた上で改めて任期付の社員として再雇用することをいいます。現状満65歳までは希望する場合は義務化されておりますがそれ以上の年齢に対しては各企業判断で設定されています。
(次の【2】も同様です)


【2】 勤務延長制度
定年を迎えた社員をそのまま継続雇用する制度をいいます。

また、上記に組み合わせる形で【役職定年制度】を導入している企業もありますよね。
(役職定年制度とは・・役職者が一定年齢に達したら管理職のポストを引退し、他の職種に異動する制度をいいます。)

まとめ

医療の進歩もあり、かつての高齢者と現代の高齢者は健康寿命がそもそも異なってきています。定年の廃止も選択肢に法律では実際ある時代です。
近い将来定年制度を設けない企業も本当に増えてくるかと思います。本項では割愛しましたが、定年のタイミングは年金受け取りに関係します。皆様の大切な収入源に紐づく話です。

参照サイト
厚生労働省 高年齢者の雇用
日本の人事部 役職定年制

MS-Japanへのご登録はお済みですか? MS-Japanは、あなたらしい転職をサポートいたします。

会員登録無料  
※既にMS-Japanのマイページへご登録頂いている皆さまは、新規会員登録は必要ございません。