1. 転職のノウハウ
  2. 転職のススメ

ベンチャー企業に溶け込めるシニアとは?

ベンチャー企業に溶け込めるシニアとは?

0150代以上の転職成功者は確実に増えており、「35歳転職限界説」は、いまや過去のものとなりました。ベンチャー企業もシニア層の採用に注目し始めており、50代・60代の社員が、20代30代の社員が多い企業に転職し、経験を活かして活躍されるケースも少なくありません。

では、若い社員が多い組織に馴染めるシニア人材とは、どのような人でしょうか。
今回は、ベンチャー企業への転職を成功されたシニアの方々の共通点をご紹介します。

1. 清潔感

まず徹底したいのは、エチケットです。 服装や持ち物の清潔感はもちろん、髪型、爪、表情、そしてタバコ・コーヒー臭など、意外と見落としがちな細かい点に注意しましょう。
特に夏は汗をかきやすい季節ですので、消臭・除菌効果のあるもので匂いのケアをすることも大事なエチケットです。

2. ファッション

竹内一郎さんの「人は見た目が9割」という本は、『顔つき、仕草、目つき、匂い、色、温度、距離等に言葉以外の膨大な情報が含まれている』という事を説いて、大ヒットしました。
ファッションの感覚は企業によって異なりますが、各企業の風土やスタンスを観察し、それをファッションで表現するといった感覚は、その後の人間関係に良い影響を与えるように思います。
スーツのサイズやビジネスカジュアルな服装など、少し敏感になってみると変化があるかもしれません。

3. 情報キャッチ力

最新の経済動向やトレンドになっている言葉に敏感かどうかは、重要なポイントです。経済動向や新規ビジネスへの関心はもちろん、流行の話題をキャッチする感度や好奇心は研ぎ澄ませておきたいものです。
Facebookやインスタグラムを始めてみるのは、以外にも手っ取り早い情報収集の手段としておすすめです。

4. プレイングマネージャー精神

どっしりと落ち着いていて、いざという時に相談にのってもらえる人材は頼もしいですが、日常的にどっしりされていては、年の離れた若い社員の方々は、距離を感じてしまうかもしれません。
特に若いベンチャー企業であれば、やる事は山積みです。マネジメントに徹することなく、プレイヤーとして手を動かして頂けることが重要です。
普段は若い社員を主役にして下支えし、時には最前線に立って背中を見せられるような方は、社内でも人望が厚く、入社後に活躍されていることが多い印象があります。いくつになってもフットワークの軽さは忘れたくないものですね。


50代の転職は、若手層ほど求人が多くはないので、いかにターゲットの幅を広げられるかが重要です。是非、ご参考にしていただけましたら幸いです。

MS-Japanへのご登録はお済みですか? MS-Japanは、あなたらしい転職をサポートいたします。

会員登録無料  
※既にMS-Japanのマイページへご登録頂いている皆さまは、新規会員登録は必要ございません。